白いキレイな歯の周りは健康的なピンク色の歯ぐきで覆われるのが理想的です。当院では、歯ぐきのケア・治療も行っております。審美歯科領域における歯ぐきの治療についてご紹介します。

歯ぐきの移植

歯ぐきの移植イメージ
▲歯ぐきの移植のイメージ

歯ぐきが下がっている箇所がある、歯が長くなってしまって歯がしみる、…等々見た目にも歯ぐきの後退でお悩みの方は多いことと思います。当院では歯根面被覆術(しこんめんひふくじゅつ)と呼ばれる歯ぐきの移植療法を用いて、歯ぐきの高さやボリュームを取り戻す手術を行っております。

移植元の歯肉は、口蓋側と呼ばれる歯の裏の肉を使用します。歯ぐきが下がる原因として、過度な力での歯磨きや咬み合わせが一ヶ所に強く当たっていたりする場合、矯正歯科治療経験者に起こる場合です。

全体的に歯ぐきが下がってきた場合

歯周病
▲全体が下がった歯茎は…

お口の中の歯ぐき全体が後退している場合は、中度~重度の歯周病が考えれらます。この場合は移植術だけでは歯ぐきを取り戻すことは困難です。歯周病の進行を食い止めることと、歯周病治療が必要となります。

詳しくは歯周病の治療と再生療法のページをご覧ください。

歯ぐきの形成・整形(笑ったときに歯ぐきが見える)

軽度のガミースマイルの方

ガミースマイル
▲ガミースマイルのイメージ:笑った時に歯ぐきが見えてしまう

口を開けた時や笑った時に歯ぐきが目立ってしまうことをガミースマイルといいます。一つの原因として生まれつき歯ぐきが歯を過度に覆っており、歯の長さが短いというケースがあります。その場合、歯ぐきを適度に切除して埋もれている歯を出し、目立っている歯ぐきを目立たなくすることが出来ます。

重度のガミースマイルの方

歯ぐきが見える
▲過度に歯ぐきが見えてしまう

明からに上の前歯が出て歯ぐきが目立っている場合は、ワイヤーによる矯正歯科治療が必要になる場合があります。

場合によっては顎変形症の可能性もありますので、その場合は外科矯正が必要になりますので、信頼のおける大学病院をご紹介いたします。

歯ぐきの黒ずみ・変色

メラニン除去(ガムピーリング)

ガムピーリング

特に喫煙を続けていると、歯ぐきにメラニン色素が沈着して、歯肉の色が黒ずんできたり灰色にくすんでくることがあります。当院では、レーザー治療によるレーザー照射で、着色した歯ぐきの皮を取り除き、元の歯ぐきのピンク色に戻す黒ずみ・着色除去を行っております。

美容歯科・外科では「ガムピーリング」法とも呼ばれる治療方法です。皮がキレイに剥がれるまで1週間ほどかかります。その間はしみるような食べ物は避ける程度の安全な治療です。歯ぐきのくすみ・黒ずみ・着色でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

初めての方でもお気軽にお問合せ・ご相談下さい
047-403-0018
月-金 10-13時/14:30-20時 / 土日祝 9-13時/14:30-17時

  • アクセス・地図
  • ご予約・お問い合わせ

千葉県習志野市奏の杜2-1-1 奏の杜フォルテ2F

TIMETABLE
土日祝 9-13時/14:30-17時

津田沼地図

JR総武本線「津田沼駅」南口徒歩3分

駐車場・最大2時間無料
お車でお越しの方はスーパーベルク内の駐車場をご利用ください。
自転車の方は駐輪場が無料です。