虫歯

虫歯は痛みを感じてから治療に…、ではなく、虫歯にならないように予防、なる前に歯科医院へ通うのが、今現在の考え方です。痛みを放置する方は、忙しくて中々通えないというのもあるかと思うのですが、一番多い声としては「痛みが苦手・怖い」というのがあります。

痛みについて

当院では、なるべく痛みを軽減する工夫として以下の設備を整えています。

  • 表面麻酔
    ▲表面麻酔ジェル
    麻酔注射を打つ前に歯ぐきに塗布し、チクッとした痛みを軽減するジェルです。
  • ウォーマー
    ▲麻酔液ウォーマー
    麻酔液を事前に人肌の温度に温めておく機械です。これにより痛みが軽減されます。
  • 自動麻酔注射器
    ▲自動麻酔注射器
    麻酔液をコンピューター制御でゆっくりと注入する小型の自動麻酔注射器です。極細針も使用します。

当院のドクターはこのような機器が世に出回る前から、麻酔法に関してはゆっくり打つようにこころがけておりました。痛みには個人差がありますので、極度に怖い方は事前にお申し付けください。

歯はすべてそろって全体的な咬み合わせを機能させています。とある芸能人は、奥歯が無かったために前歯にすき間ができて前歯が倒れてきたという発言をしていました。そうならないよう、手遅れになる前に早めの受診をおすすめしています。

3mix法

軽度・中度の虫歯に有効です。TV報道で注目が集まった抗生剤と抗菌剤が配合された薬を浸透させて治す治療方法です。治療結果が患者さんのお口の状態によって左右されますが、当院としての臨床の感想としては予後は非常に良い方が多いと感じています。

3Mix法

  • 軟らかい象牙質
    3mix法で治療する場合はエナメル質と軟らかい象牙質だけを除去します。虫歯になって軟らかくなった象牙質は死んでいる組織なので削っても痛みはありません。
  • 次へ
  • 塗布
    削った部分を十分に消毒した後、3Mixを塗布します。その上をセメントで埋めます。
    この時点では、まだ象牙質深部に侵入した細菌は残っています。
  • 次へ
  • 殺菌
    3Mixの成分が浸透して、象牙質深部に残っている細菌を殺菌していきます。最終的に詰め物をして治療が完了します。

従来の方法

  • 虫歯
    進行度が中~高程度の虫歯の状態です。黒い部分が虫歯菌によりドロドロに軟らかくなってしまった象牙質。茶色の部分は象牙質の深部まで侵入している虫歯菌です。
  • 次へ
  • 削る
    前従来の方法で治療する場合、虫歯になっている部分を完全に削り取り、生きている歯髄(神経)の突起部分も切ってしまい、削っている時や削った後などに痛みが出ます。しかも象牙質に深部に侵入した細菌は残ってしまうことがあります。

※いかにも“朗報”のように過熱報道がありましたが、歯の神経に達するほどの重度の虫歯には適応とならない治療法です。少しでも痛みを感じたら早めの受診をおすすめしています。

初めての方でもお気軽にお問合せ・ご相談下さい
047-403-0018
月-金 10-13時/14:30-20時 / 土日祝 9-13時/14:30-17時

  • アクセス・地図
  • ご予約・お問い合わせ

千葉県習志野市奏の杜2-1-1 奏の杜フォルテ2F

TIMETABLE
土日祝 9-13時/14:30-17時

津田沼地図

JR総武本線「津田沼駅」南口徒歩3分

駐車場・最大2時間無料
お車でお越しの方はスーパーベルク内の駐車場をご利用ください。
自転車の方は駐輪場が無料です。